大手が無理なら中堅がある⇒


2016年06月30日

どこかからお金を借りるかな

何といっても、誰かあるいはどこかからお金を借りることになってしまったら、気を付けたいのは、このくらいなら返済できると思っても、見栄を張らず1回の金額を出来る限り抑えることです。
借金返済の道には魔物が潜んでいて、最初の頃は大抵、目先のことしか見えていないため、大した算段なしで返せるもので、このまま返済し続けることが思いのほか簡単なことであるという錯覚に陥りやすいのです。そうは言っても、思い通りにいく訳ないのが、この世の常です。



返済も後半になってくると、当初のありがたみは薄れ、お金を搾取されているかのような気持ちにさえなってくるのです。即座に返済不能になる可能性を低くするべく、更にもう一声下げた金額にするといいです。
会社や個人によっては、下限額の引き下げに応じてくれないところもあるかもしれませんが、完済は双方の利益になりますから、とにかく交渉あるのみです。


最近、「あれ?」と思ったのですが、クレジットカードとカードローンを同じように考えているケースがしばしばあります。


確かにお金を借りるという点では一緒ですが、融資上限額(即日で借入部分)に大きな隔たりがあります。ショッピングで使うクレジットカードは即日で借入の額が低めに設定されていて、一方、ネットやスマホで借入は融資を主目的とし、軽く100万円以上の上限額が設定されているのは当たり前です。



なかには800万円までなんていうのもありますよ。お給料日前まであと2、3日。
ちょっと苦しいなと思ったら、小額の即日で借入であれば超短期間で返せますし、便利で、不安に思うようなものではないと思います。
お給料日後にすぐ返してしまえば金利何%とかにこだわる必要もないでしょう。ただ、ある程度まとまった金額なら分割で返すほうが現実的でラクですから、利率の低い会社から借りるのが得策です。

期日が迫っているとすぐにでも借りたいと思ってしまいますが、自分が借りれる範囲ではどのくらいの金利になるのか、きちんとチェックしておいたほうが良いと思います。


posted by すぴゆ at 20:37| 即日審査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。